製造業は、コスト管理が大事です

製造業は、物を作って一ついくらの世界でありますので失敗して商品をロスすると損失になります。
なので一つ一つ丁寧かつ最低でも商品になり得ないとなりませんのでミスは許されないところです、またある程度の損失は出ることを前提にしておりますので良いのですがそれ以上のロスが出ると赤字になってしまいます。
商品を一つ作るにしても材料費がかかりまた燃料費、人件費などすべて総合すると物を一つ出来るだけでも数多くの工程が出てきます、日本の製品はこの細かく質の高い製品ができるのが強みでしたが海外の安いものが出てきたおかげで今では負けているのも現実ですね。
どんなに日本製が優れていたとしてもやはりコストの差は大きなものです、一つ一つが安く仕上げてもこれが数万代ともなるとコスト高は馬鹿になりませんのでこの戦いをどうにかしないとなりませんね。
しかしいくらコストが安いとしても日本の技術の高い製品はやはり国内でしかなり得ないものたくさん出ています、この辺を強みを活かして真似できないものを作り上げていくことでブランドとしての地位を確立して行けば生き残ることができるでしょう、安い海外産よりも長くしかも安全に使える製品のものが結果的にやすくすみますからね。

製造ラインでのアルバイトをした体験

年末12月から翌年の2月くらいまで製造業で働いた経験があります。短期バイトで雷おこしの製造であり、いわゆる機械の操作をするのとラインでの作業で袋から出して詰めていったり、きちんとしていないものをはじいたりしていきます。仕事の感じからしてそれほどきつくはないと思っていましたが、そんな甘いものではなかったというのが終わってからの感想です。ラインというのは一人が遅れるとその次の人にも迷惑がかかるいわばチームプレーのようなものです。何度も機械と止めざるを得なくなるような失敗ばかりするとかなりきつい目で見られますし、それをかなり指摘されることもありますのでミスができないといううプレッシャーはかなり強いものがありました。そして立ち仕事ですので足が疲れるし、休憩時間は10分、お昼は40分、そして3時休憩が10分と1日で1時間だけですし、その時間はバイトとして加算はされません。

食品ということで衛生面には細心の注意を払っていました。製造ラインに入る前にエアーで汚れを飛ばして中に入ることになりますし、手袋や帽子は当然です。制服を着ることになるのですが、それらもしっかりチェックされます。とはいえ、きつかったのは最初の1ヶ月であり、残りは慣れてほとんど失敗はなくなりました。とりあえず指定された期間までやり遂げることができたことで満足できました。途中で何人も嫌になって、あるいは怒られてやめてしまう人がいたからです。

大手の期間授業員として働いた経験

私はつい先月まで大手の期間従業員として働いていました。
期間従業員というのは、正社員とは違い最長で2年11カ月までしか働くことができない雇用形態のことで、
大半が半年ごとに契約を更新するか会社と決めることになっています。
私のところは大半の人は、契約を更新するなら希望さえ出せばほとんどの人が更新できていました。
私も六か月毎に更新を希望しており、先月で満期になったので退職したところです。

この期間従業員という仕事の働き方のいいところは、別段特別な技術がなくても、丈夫な体さえあえれば誰でも高いお給料をもらえるということです。
逆にこの期間従業員という働き方の悪い点は、この仕事をしてもなんのスキルも身につかないということです。

大手では期間従業員の正社員登用試験を実施しているところもありますが、正直その試験の合格率はかなり低いような気がします。
現に私が働いていたときもその試験に合格した人を一人しかしりません。

期間従業員という働き方は、なにかやりたいことがあって資金を貯めたりする場合には非常に有効な手段だとは思います。
しかし、それ以外理由で期間従業員になるのはあまりおすすめしません。
2年11カ月後には必ず退職になってしまうので、その後の就職を考えるとあまりおすすめすることはできないのです。

コンビニの弁当の具材をひたすら並べました

たった1日だけコンビニ弁当を作る工場で働いた事があるのですが、とにかくもう大変でした。仕事内容そのものもキツイのですが、それ以前の段階で疲れてしまったのです。

少し前にテレビなんかで食品に異物が混入していると騒がれた事がありましたよね。そうならない対策のための準備が大変なのです。手袋を2重にして、マスクをして帽子を被って、さらに腕の所に腕カバーという袋を取り付けるのです。その上で粘着性のある、いわゆるコロコロを頭や肩、背中などで転がして毛の類を取らなければいけません。

まだ仕事も始まっていないというのに、既にこの時点で疲れました。ちなみにこの準備時間は労働時間の中には含まれていません。

そこまでやって、やっと作業が始まります。それで大変なのがベルトコンベアーの速さです。とにかく早過ぎて、そこに具材を乗せて行くのが難しいのです。ほんの数秒でも目を離しているとライン全体が止まりかねないので仕方なく素早く動くのですが、未経験の私には本当にキツイ作業でした。

ずっと立ちっぱなしというだけでも負担なのに、小休憩も殆ど無いんですね。ただ、ひたすらに具材を並べ続ける。私は1日でしたが、毎日やっている人は凄いなとある意味感心します。

製造業が無いと欲しいものが手に入らないかも。

製造業というと、毎日同じことの繰り返しというイメージがありますよね。

基本的にそれは間違いではないと思いますが、自動車部品であったり、あるいは家電製品などだけが製造業ではありませんね。
ちょっと意外な所でいえば、コンビニのお弁当を作っている人も製造業に入るとか。

何かを生み出すことが製造業ですので、日本中至る所に存在する事になります。
そのどこか一つが欠けるようなことがあれば、私たちの生活も少し苦しくなるかもしれません。

また、もし仮に欲しいものが見つかったとしても、それを製造してくれる人がいなくなれば手に入れることが出来なくなるわけで、そういう意味でも大切な存在という事が分かりますね。

そうです、魅力的なモノを作っているのが製造業の方たちです。
もちろんそこにはデザイナーなるものが間に入ることにはなりますが、その人が実際にそれを形に出来る訳ではありません。

最近では製造業と言えば、派遣社員の問題で色々と悩みごとであったり、あるいは待遇などでの冷遇が心配されています。
もしその人達がいなければ、なんて考えれば、もしかしたらもっと良い社会になるのかもしれません。

男性は特にですが、モノを作るって楽しいですよね。
それを仕事に出来るって、羨ましい話だと思いませんか?

製造業専門の求人サイトで製造業のお仕事を探してみては・・・

就職を考えるといった際にはどういったお仕事がいいのか迷ってしまうものです。そんな中でも特にお勧めしておきたいのが製造業なのです。とはいえ、向き不向きといったものがありますから、しっかりと自分に合う仕事なのかどうかを知っておくと良いでしょう。
この製造業に向いているのが特に数量的に考える人です。実際、働いている人は数量的に考える人が多く、納期にしても開発計画にしてもどのくらいのコストがかかるのか、どれほどの人員が必要なのかといった点でも数を置いては考えられないからです。
他にも向いているのが気長に物事に取り組めると言った人です。製造業というのは一日にして成果が出るといったことはむしろ少なく、プロジェクトによっては数年単位でかかることもあります。そのため気長な人の方がストレスなく進めていくことが出来るのです。
他にも製造業で働くならば人付き合いも欠かせないでしょう。製造業はモノとの対話だけでは決してありません。調整などの作業には人付き合いやコミュニケーション能力が低いと納期にも関わってきていしまうのです。実際、有能な製造業の管理者はこういった能力が秀でているといったことも知っておくと良いでしょう。
そこで、製造業で働きたいと思っている方に、おすすめのサイトをご紹介したいと思います。
こちらは、製造業専門の求人サイトです。
製造業経験者のコンサルタントが紹介してくれるので安心ですよ。
http://製造業転職求人.com/

日勤と夜勤はどちらがいいか

製造業の仕事をする場合は基本的にどこかの工場で働くことになりますが、工場は原則24時間稼働することになるので、そこで働く人は日勤だけでなく夜勤で働くこともあります。
そして製造業の仕事をする場合において日勤と夜勤はどちらがいいのかというと考え方によって結論が変わってきます。

まず人の体力面や体調面を考えると日勤のほうがいいと言えます。なぜなら人間の体というのが昼の明るい時間に起きていろいろ活動をし、夜の暗い時間に睡眠を取るようになっているからです。そのため夜勤で仕事をするとそのバランスが崩れてしまうことになり、どうしても体調を壊してしまうことになります。また昼間に睡眠を取ってもなかなか体力を回復することができない場合もあります。

これに対して働きやすさを考えると日勤よりも夜勤のほうがいいと言えます。なぜならまず夜勤のほうが日勤よりも働く時間が短いということがあげられます。それから日勤の場合は会社のお偉いさんの人もいるので、仕事をするにおいてどうしても気を遣うことが少なくありません。これに対して夜勤の場合は工場で仕事をしている人だけしかいないので、あまり人に気を遣うことなく仕事をすることができるので働きやすいです。

製造業について

製造業についてですが、昔は日本で生産していたものも人件費の高騰により海外生産になり最初は中国、次はタイなど人件費の安い国に次々に工場がシフトしている現状があります。こうした流れは世界同一賃金になるまで続くと見られ向こう100年は続くそうです。
また製造業でもTシャツのプリントなどは小口の顧客には日本の生産で対応しています。またギターもハンドメイドの国産品が作りが丁寧でオーダーも聞いてもらえるとあって好評を博しています。岐阜県のヤイリギターではオーダー待ちがかなりの期間あり、日本の製造業でもかな特殊なケースです。
また愛知県を中心とした自動車製造業も近年は機械化が進み、人間が作業する工程は減少しています。また自動車は輸出産業のため円安で輸出が伸びることにより大幅黒字になっており愛知県の製造業大手では基本給の増加をするケースが増えています。
また現在では世界遺産として和紙が選ばれるなど長年機械化によって苦しんできた日本の製造業に明るい話題が増えています。日本の伝統工芸である和紙は小さな工場で作られてきた歴史があり製造業の中でも零細に当たるので経営の維持はこれまで大変な苦労があり守ってきた方は素晴らしいです。

製造業の仕事の種類について

日本にはいろいろな物を作る製造業の仕事をしている人が多いですが、この仕事はいろいろな種類の仕事があります。

そしていろいろある製造業の仕事の中でまずあげられるのが組立作業です。組立とは部品をいろいろ取り付けたり、ネジをはめ込んだりして、組み立てることによって、一つの物を作っていく仕事のことを言います。この仕事は基本的にライン作業となっていて、それぞれの工程でどのようなことをするのかがあらかじめ決まっています。そのため作業自体はそれほど難しいものではないのですが、他の人と連携して仕事をすることになるので、マイペースで仕事をすることができない厳しさがあります。また場合によってはある程度のスピードが求められることもあります。

次に部品の加工業務があります。これは部品を加工するために機械にセットして、一定の時間が経過すると加工が完了するというものです。作業自体は機械に部品をはめ込むだけなのですが、プログラミングをしっかりしないといけないので、気を遣う仕事ではあります。

それから熱を利用することによって金属の部品を溶かす溶接作業もあります。これはどうしても熱を使うことになるので、自分のまわりの温度が暑くなります。そのため夏場でのこの仕事は結構大変です。